事務所紹介

歴史、戦略

KOMON AVOCATSは、パリにある企業法務を専門とする法律事務所です。

企業の一生を通じてサポートを提供し、成功の道へとクライアントを導くことが、当事務所の目指すところです。

弁護士は、受任した各案件を戦略的に分析することに傾注します。

訴訟であっても交渉であっても、伝統的であっても創造的であっても、闘争であっても和解であっても、当事務所は必ず事前に戦略を立てて、各クライアントのニーズに沿った形でそれを実行します。

このように、KOMON AVOCATSは、各案件に応じて、創意に富み、効果的かつ発展的な選択肢を考案し提供することを約束します。

また、当事務所は国際的志向が強く、特に日本に関しては、パートナーシップが絶えず構築されています。

KOMON AVOCATSを選ぶということは、卓越性、責任感、透明性、倫理そして身近であることを基本とする法的専門家を選ぶということです。


親日フランス弁護士協会

オリヴィエ・ファシンとウィッサム・ムラズリは、2020年、親日フランス弁護士協会(AAJ)を共同設立しました

この協会は、日本の文化に特に関心がある弁護士間のつながりを築くことを目指しています。

ネットワークを拡大しながら、日本とフランスの弁護士に質の高い交流の場を提供することが最終目標です。

asso-aaj.fr